読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社オフのあれ

ポケモン記事ではありません

先日某所で開催された社mfに参加してきました。

時は遡ること19日、俺氏パーティがないことに焦り始める。いろいろしてるうちにみさきちんこくんがポケモンを貸してくれることに。

そしてオフ当日、前々から連絡していたすわさんと一緒に会場に行くため電車に乗り込む。しかし、ここで予想外の出来事が起きる。僕のstomachが社mfへの緊張で暴走し始めたのだ。突然の吐き気と腹痛にほぼイキかけるがなんとかこらえる。しばらくするとすわさんが乗車する駅に電車が到着。すぐさま乗車位置を知らせ、ドア付近に中腰でうずくまる。すわさんは僕に気づくと気さくに話しかけてくださり、そのおかげか僕もコミュ障ながらもなかなかスムーズに会話できました(はず)。それに伴っておなかの調子も良好に。

オフ会場につくとなむことかいた。(適当)

入場したあとにギャラドスナイトをとってないことに気づき急いで取りに行きました。そうこうしてるうちに初心くんとみさきくんも到着。初対面の人に話しかけるのが怖くて彼らと一緒に過ごしてしまい午前中交流があまりできなかったことはすこし後悔しています。#甘えた環境は人をダメにする

開会式の後対戦相手が発表され見てみるとそこに書かれた初戦の相手はくるーじーさんでした。この時僕は心の中で「社mfお疲れ様でした。」とつぶやいた。

結果はもちろん完敗。対戦ありがとうございました。

その後電磁波麻痺や氷のキバ2避けとかいう大礼儀プレイかまして2-1。対戦相手の方には謝っても謝りきません。この場を借りて謝罪いたします。申し訳ありませんでした。そんな運の女神に愛されたのもつかの間、やはり実力が足りていないので結局3-6で終了。実のところ運以外で勝ってない。後半は負け込みすぎてこれ以上戦いたくなかったので「人はなぜ戦うのか?」について思考を巡らせていました。#平和とは

対戦面ではボロボロの結果でしたが交流面ではいろいろな方とお話しでき、充実した内容になったと思います。きのさんとか金髪ウェイだったしさっしーさんに至っては女の子と話してた。#もちろん僕は目を合わせられなかったが #女性と話すのは至難の技 垣谷はごちうさの同人誌でシコってたし相変わらず気持ち悪かった。あすらんはいつも通りイケメンだった。当日は亀頭はだしていなかったもののいつでも出せるという雰囲気を醸し出していて気が気でなかったです。

そのほかにも色んな方とお話しできて楽しかったです。ありがとうございました。また会う機会があればその時もよろしくお願いします。

 

出会い厨

東京で会った人の印象

みさきちんこくん:イツメン。空気のような存在。

まろんっ:気配りができる爽やか系のイケメン。いうほどふっとってませんでした。 #コピペ用

キスショットさん:強そう。

あすらん:亀頭系イケメン。

浜崎太一:知り合いのホモに似ていた。114514割でホモ。